飲食店の売上をアップしたいならコチラ|客観的に見ること

売れた瞬間からデータ管理

レジ

マーケティングにも役立つ

近年、会計レジをposレジに変える店が増えています。posとはPoints of salesの略であり、つまりはモノが売れた瞬間という意味を指しています。posシステムを飲食店で取り入れた場合には、注文を受けた時点で販売売り上げの管理が即座に出来るようになります。例えばテーブル番号1で飲食した客が会計レジに行った場合、テーブル番号を示すだけで合計が出ます。レジ係が注文票を見ながら打ち込むという作業が必要なくなるので、会計にかかる時間が大幅に短縮され、打ち込みミスによる会計間違いがなくなります。閉店時のレジ閉めも、システム導入することで即座に一日の売り上げが出るようになります。こういったレジ業務に関する軽減はもとより、posシステムは販売とも密に連動させることでメリットが大きくなります。販売実績が即座にデータ化が出来るようになっているため、今日は何の商品がよく売れているのか把握することが可能になり、その日の売れ筋商品を重点的に補充することが出来ます。また、昨年のデータと比較することで予め販売予測をすることも可能で、在庫の管理やマーケティングを同時に行うことが出来るようになるのです。posレジは、今や様々な業界で使用されておりラインナップも豊富です。スーパーなどでは大型で機能が充実したものを置く傾向がありますが、当然多機能の場合は値段も高額になります。飲食店では、客と対面して打ち込めるタブレット型が人気です。posレジにかかる費用は、端末本体の金額とソフトの月額使用料があります。本体価格は20万円程度から100万円程度まで機能によって大きく異なります。タブレット型はもっとも安価で導入しやすいために、飲食店などではおすすめです。月額使用料は5000円から1万円程度かかることが多いです。導入の際には初期費用だけでなく、ランニングコストも計算して選ぶといいでしょう。