飲食店の売上をアップしたいならコチラ|客観的に見ること

売れた瞬間からデータ管理

レジ

posシステムはモノが売れた瞬間から様々な情報を管理できます。レジと連動させ、会計作業の大幅な軽減、会計ミスを減らすことも出来ます。またデータの把握は、その日の売れ筋や販売予測を行うことが可能で、在庫管理やマーケティングにも役立ちます。導入費用はタブレット型が最も安価で飲食店にはオススメです。

集患と予約に効果的な宣伝

歯

歯科医院が増えている現在、本当に良い歯科医院と医師は何処かと、多くの患者さんは探しています。その為に、内覧会は良い機会です。開催にあたってはマーケティングや広告の用意など、すべき準備があります。

開院する時の手続きと準備

整体師

整骨院を開業する時には手続きとして、施術所開設届を提出して保健所から承認してもらう事になります。また安定した経営を行うには、整骨院を開業するエリアが重要になるため、地域の特徴や世代構成を調べて整骨院に相応しい物件を探します。

改善点の探し方

お店

分解して考える

飲食店の売上を増やすにあたり重要となるのは既存売上の分析です。まずは売上を客数と客単価に分けて捉える必要があります。客数に客単価を掛ければ売上となるので、どちらかが増えれば自然と売上も増えることになるのです。この考え方は飲食店だけでなく他の業種にも応用できます。客数とは店に訪れる人数です。小売店の場合は商品を見るだけの客も多いので、店に訪れた人数と実際に購入に至った人数には大きな開きが出ます。しかし飲食店の場合は入店すればほぼ全員が何かを注文するので、この差については考慮する必要はありません。逆に言えば入店してもらえるかどうかが勝負なのです。店に入りやすくするには外からでもメニューや価格帯が確認できるスタイルの方が親切です。建物に手を加えられるのであれば、窓を大きくとって中の様子を窺いやすくしておくのも手なのです。もう一つの要素である客単価とは一人当たりの支払金額です。客単価を上げようと料理の値段を上げてしまっては、高い店だという印象を与えてしまいます。メイン料理に数百円で追加できるドリンクセットやサラダセットを用意し、来店客に勧めることで少しずつ客単価を上げていくのです。さらに飲食店でよく用いられているのが、時間により料理の価格帯を変動させる方法です。ランチタイムには料理の価格を低めに設定して客数を増加させておき、ディナータイムではやや高めに設定して客単価の上昇を狙っているのです。